平板載荷試験を依頼するならプロの業者を探そう

ロマンを賭ける

温泉施設

温泉開発にかかる費用

温泉開発にかかる費用は、調査費用・掘削費用・管理費用に分けることができます。調査費用は一般に200万円〜400万円と言われていますが、山奥だったり面積が広かったりすると1000万円以上かかることもあります。反対に、確実に出ると分かっている土地なら比較的安く済みます。掘削費用は1mあたり数万円が相場です。ただし岩盤が硬いと高めになります。普通は最低でも1000m以上掘る必要があるので、数千万円〜1億円以上になります。管理費用は定期的な井戸の洗浄やポンプの交換費用です。これは温泉開発の目的によって大きく変わります。自宅で使用するだけならともかく、リゾート施設などを作るなら年間数百万円単位になるでしょう。

本格的な開発の始まり

日本人は古代から天然温泉を楽しんできました。また少しでも湯が湧き出すところでは、手掘りによる温泉開発も古くから行なわれてきたようです。ただし手掘りでは、ごく表層の温泉しか掘り当てられません。ボーリングマシンで井戸を掘るようになった明治時代から、本格的な温泉開発が始まったと言えます。油田開発に失敗して、かわりに温泉が出たという事例も数多くあります。もちろんリゾートとして温泉開発をする動きも、明治時代からありました。昭和23年に温泉法が制定され、温泉の掘削には都道府県知事の許可が必要になりました。また工事後には完了届を提出する必要があり、ポンプの設置許可や公共浴場として利用する許可も申請しなければなりません。

スピーディーにできる

平板載荷試験は地盤調査をスピーディーに行なうためには欠かせない試験です。 平板載荷試験の正確性が高いので、直ぐに工事をはじめたいなら検討してみるのもいいかもしれません。依頼の仕方は簡単で、ウェブサイトに載っている電話にかけるだけでオッケーです。また、通話量や相談料、資料請求が無料の業者もあるので調べてみるといいでしょう。しかし、業者によっては定休日がある場合もあるので、必ず電話をかけられる訳ではありません。

世界的に人気となる

大浴場

温泉は、日本人から外国人までワールドワイドに好まれる人気の観光スポットです。そのため、温泉を掘り当てることで、その地域をかなり活性化させることが出来るでしょう。温泉開発は現在日本各地で行なわれています。

もっと見る

プロに任せよう

工事

地盤調査は地質学や土質工学などの専門知識が豊富な業者を選ぶといいでしょう。調査にはいろいろな方法があり、確実な情報を得ることが可能なのでプロに任せるのも一つの手です。

もっと見る

しっかり調査をしよう

工事現場

商業施設など大きな建物の建設前には、安全に建てることができるかどうかを確認するために必ず地盤調査がおこなわれます。地震などで被害に遭わないためにもしっかり地盤調査をするといいでしょう。

もっと見る