平板載荷試験を依頼するならプロの業者を探そう

プロに任せよう

工事

地盤調査の代表的な方法

地盤調査は地質学や土質工学の知識を動員した総合的な調査です。土の性質は地域によって千差万別であり、地下水脈や埋蔵物によっても影響を受けるため、多方面から綿密に調査しなければなりません。地盤調査の代表的な方法として、サンプリング・サウンディング・物理探査などがあります。サンプリングは地面を掘って土を採取し、性質を調べる方法です。サウンディングは地層にサンプラーを打ち込み、その抵抗を測ってデータ化する方法です。また物理探査は地表に振動や電気を流し、伝わる速度などから地盤の性質を分析します。それぞれの方法には一長一短あり、周辺地域の地盤図なども参考にしながら、地質調査技師がコンピュータを用いて判断します。

地盤改良工事は慎重に

構造物の傾きや沈下を防ぎ、安全性を確保するためには、地盤調査が欠かせません。しっかりした地盤調査の結果によって、地盤に相応した建築物が設計可能になります。軟弱地盤でも改良工事を行なうことで、建物の倒壊を防げます。ただし地盤調査は高度な技術を必要とし、判断も非常に専門的であるため、素人は異議を唱えることが難しいものです。地盤調査会社が地盤改良会社と繋がっていると、実際よりも悪い地盤と判定され、高額な改良工事を勧められるのではないかと心配をする人もいます。そんな不安を解消するため、調査結果を第三者機関に再検討してもらうサービスも存在します。これにより改良工事不要と判定され、費用の節約になる場合があります。