平板載荷試験を依頼するならプロの業者を探そう

しっかり調査をしよう

工事現場

ボーリングによる地盤調査

この地盤調査において、良い結果が出なければ、基本的に大きな建物は建設できないことになっているのです。地盤調査は、多くの場合はボーリングロッドを地盤に打ち込むことでおこなわれます。ドライブハンマーという重いハンマーを落下させることで、ボーリングロッドを地盤にめり込ませていくのです。ボーリングロッドが30センチ沈むまでのドライブハンマーの落下回数によって、地盤の強さを計測します。ボーリングロッドを引き上げると、地盤内の土がついてきます。これにより、どのような土でできている地盤なのか確認することもできるのです。土の質と頑丈さが確認できるので、この地盤調査をクリアした場所では、安心して大きな建物を建設することができます。

レイリー波による調査もおこなわれています

地盤調査には、このボーリングロッドやドライブハンマーが現在最も多く使われています。しかし昨今では、レイリー波による地盤調査もさかんにおこなわれるようになっています。人工的に微弱な振動を発生させ、その振動が地盤にどのように伝わっていくかを調べることでおこなう地盤調査です。ボーリングロッドやドライブハンマーは、それ自体が大きいので、それらの持ち運びだけでも多くの手間がかかります。また、打ち込むことである程度地盤に傷をつけることになります。しかしレイリー波による地盤調査の場合、装置はコンパクトですし、埋め込む必要がなく振動も弱いので、地盤に傷はつきません。比較的手軽に地盤調査ができるため、注目されているのです。